本当におすすめのプロバイダーを探そう!

当サイトは、本当におすすめできるWiMAXのプロバイダーとWiMAX自体の特徴などから口コミ評判などすべてを踏まえて比較しています。

管理人の私が今までいろいろなネット回線を使ってきましたが、その経験を活かしてあらゆる視点からプロバイダやWiMAXのメリットデメリットを掲載しています。

WiMAXはプロバイダを変更したから回線スピードが変わったりすることもありません。

一番見なければいけないポイントとしては、キャッシュバックの割引などを含めた合計金額から導きだした実質的な月額料金です。

圧倒的な口コミの良さとキャッシュバックの「VISION」

今現在一番おすすめのWiMAXプロバイダはVISIONというプロバイダです。なぜおすすめかというと以下の点があげられます。

1,特典を駆使することにより実質的な月額料金が一番安く使える

2,キャンペーンを活用するとかなり安くなる

3,端末をすぐに発送してもらえて回線が使えるようになるまでが早い

4,最新の端末が最安または無料で使える

5,他社回線からの乗り換えがお得!

WiMAXを今まで使ったことがないという人に簡単に説明すると、VISIONがいいところは、端末が無料で、さらに月額料金も業界最安レベルだというところです。

キャッシュバックも、VISIONは受取までの期間は翌々月となっていて確実に受け取ることができます。

通常料金が元々安い、VISIONは他社からの乗り換えで解約料や違約金を代わりに支払ってくれます。

なので、すぐに他の回線業者からVISIONに乗り換えをしても、損しないで安い月額料金を使うことができます。

どういう視点でプロバイダーを選べばいいのか?

WiMAXのプロバイダを選ぼうと思っても、ネット上で軽く調べてみただけでも数十社はあります。

WiMAXのプロバイダの宣伝などを調べてみると、どこが一番メリットがあるのかわかりにくい構造になっています。

プロバイダーAの訴求:キャッシュバック3万円

プロバイダーBの訴求:解約金負担&端末無料

プロバイダーCの訴求:月額がとにかく安い

WiMAXのプロバイダを調べてみると何十社も存在していて、いろいろな媒体に宣伝をして、さまざまなお客さんを獲得しようとしています。

プロバイダがお客さん集めに奔走している方法はいくつかのパターンがあるのですが、どの業者が一番お得かなんて初心者の人からしたら絶対にわからないと思います。

プロバイダの売り文句のどこをどう見て何を基準に選び抜けばいいのかわかりにくいと思うので、その選び方や根拠となる考え方を解説していきたいと思います。

プロバイダーを選ぶときに一番見た方がいい箇所とは?

WiMAXのプロバイダ選びで最重要ともいって過言ではないところは、契約期間内に発生するすべての料金がいくらになるかです。

実質的な支払合計金額というのは、契約期間内に発生する毎月の支払合計です。

キャッシュバックやその他の特典があれば、手元に戻ってくる金額として計算されて、相殺されます。

事務手数料にかかった費用や端末代などは実質月額料金に加算される計算になります。

実質的な月額費用は次のような計算になります。

月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+端末代+事務手数料÷契約月数

上記の算出方法をあらためて計算してみると次のようになります。

◆UQ WiMAX2+の場合

月額4,268円×24ヶ月-キャッシュバック0円+端末代16,500円+事務手数料3,300円÷24ヶ月=5,093円

◆GMOとくとくBB WiMAX2+ギガ放題の場合

月額3,969円×2ヶ月+月額4,688円×34ヶ月-キャッシュバック29,500円+端末代0円+事務手数料3,300円÷36ヶ月=3,920円

上記のようにプロバイダによって基本的な月額料金や契約期間や特典の金額などが違ってきます。

なので、本当にメリットがあるかどうかは上の表のような計算をしてみなければわからないのです。

実際に上記の表をご覧いただければわかると思いますが、GMOとくとくBBとUQを比較してみると実質的な月額料金は1000円も違っていました。

なので、契約期間で考えると2年なら24000円、3年なら36000円もの差ができることになります。

主なプロバイダについての実質月額料金を比較しましたのでご覧ください。

VISION 実質月額:3,848円

GMOとくとくBB 実質月額:3,920円

BIGLOBE 実質月額:4,116円

DTI 実質月額:4,077円

ギガ放題プランと通常プランでは何が違うのか?

ギガ放題プランと一般のプランでは簡単に説明すると月額料金と通信制限の有無になります。

ギガ放題プランだと毎月の通信制限などはなくて無制限に使い放題ですが、通常プランは月に7GBしかありません。

ちなみに、ここで通常プランと呼んでいるものはライトプランや7GBプランともいわれているので気をつけてください。

WiMAXの大本であるUQWiMAXでは通常プランを廃止してギガ放題プランのみに移行しつつあるので、他のプロバイダもそうなりつつあります。

当サイトでも解説していきますが、WiMAX+5Gというサービスもあります。

こちらのプランはギガ放題プラスともいわれていて、5G専用のプラン料金となっています。

ギガ放題と一般的なプランとも異なるものになっているのでご注意ください。

下の図でも表記していますが、5Gの時代やモバイル通信技術の向上によって、普段のデータ通信量というものが昔と比べて跳ね上がっている傾向にあります。

なので、通信データ量はこれまでのシンプルなページのみのやりとりというのはほとんどありません。利用できる通信量というのは無制限であれば無制限なほどいいと思います。

したがって、コストパフォーマンスの面においても通常プランよりもギガ放題プランの方が圧倒的におすすめです。

ですが、費用を抑えることだけを重視していたり、目的が簡単なネットサーフィン程度だったらギガ放題を選ぶ必要もなく通常プランで事足りるでしょう。

さらにいうと費用を極力抑えたい人はWiMAXすら使う必要もないと思います。

WiMAX以外にも、家の中でも外出先でもどこでも通信できるモバイル通信サービスというのはいくらでもあるので、安いところを選びましょう。

★ギガ放題

実質月額:3,800円~4,800円

通信量:3日間で10GB 月間での制限はなし

用途:オンデマンド、youtube、テレビ会議、ゲーム

★通常プラン

実質月額:3,200円~3,800円

通信量:月間7GBまで

用途:メール、ネットサーフィン

上記のようにギガ放題プランの方がメリットが盛りだくさんとなっています。

月額料金に関してはたった1000円くらいしか変わりませんが、1000円出して得られるメリットとしてはものすごくあると思います。

ギガ放題プランと通常プランでどちらに軍配があがるか列強して見ましょう。

1,スマホはあらゆるアプリが駆動しているから通信量がかさんでいく

2,毎月の制限量があると精神的ストレスがかかる

3,毎月の制限を超えた場合は小さい転送量で耐えるしかない

通常プランは3日で10GBですが、5Gのプランは3日で15GBとなっています。

なので、WiMAXの3日で10GBの制限が気になる人は5Gのプランに入ることもできます。

端末は何を選べばいいのか?

WiMAXを使うためには端末を手に入れなければなりません。基本的にどのプロバイダ経由でも端末は同じになっています。

ここのプロバイダでしか選べない端末というものは存在しません。

どこのプロバイダで契約したとしても端末を選べるのは数種類ありますが、何が高性能でどういうメリットデメリットがあるか迷ってしまうと思います。

プロバイダの中でも何種類か選べるモバイルルーターで現時点で一番おすすめなのがW06という機種です。

wx06という機種もありますが、バッテリーが長持ちするのと回線スピードの安定性などからW06に軍配があがりました。

モバイル端末の料金については、ほとんどのプロバイダでどれを選んでも無料となっています。

プロバイダー契約ではなくてUQWiMAXそのもので契約しようと思ったら端末代として1万円以上取られるので注意しましょう。

ここ最近になってWiMAXユーザーがプロバイダだけ乗り換えてモバイルルーターを同じものを使い回すことができるように、SIMだけのサービスもあります。

近年登場したばかりのモバイルルーターというのはバッテリーも大容量で、通信性能も安定していて、ずっと使い続けたいような構成のなものばかりなので、SIMだけもらって本体は使い続けたいという心理も納得です。

ですが、今までの使用頻度によってはバッテリー性能が落ちてしまっていることもあるので、端末自体を新しいものに交換するのもありかと思います。

WiMAXの契約期間は選べる

光回線業者は皆一様に契約年数の決まりがあり、WiMAXも2年契約と3年契約があります。

契約期間中に解約すると解約金や違約金などが発生するので、一度最初の契約年数で契約すると、その年数がたつまでは無料で解約できません。

WiMAXの契約期間は1年から3年までの3つの契約期間があります。

自分が契約したいと思っているプロバイダを選ぶのがいいのですが、契約期間が短いほど割高になってしまうので承知しておきましょう。

一般的なルールとして長ければ長いほどお得になるのはWiMAXも同じです。

途中で解約したとしても解約金がほぼただになるプロバイダもあるので、利用期間が決まっていないような時はそういったプロバイダを選びましょう。

なお、短期契約でWiMAXをお考えの人は、WiMAX自体を使わないで他の方法を採用するという手もあります。

ですが、短期利用でも安定的な回線を使いたい人はWiMAXがおすすめです。

安定した快適なネットじゃなくてもいいというひとはクラウドSIMなどのWiMAX以外のモバイルルーターもあります。

表面的な月額料金でプロバイダを選ばないようにしよう!

光回線やモバイル回線のプロバイダでは、最初の3ヶ月くらいの月額料金を安く割引して、あたかも安いかのような宣伝をしている業者が多いです。

これはなぜかというと、WiMAXの月額料金が複雑に入り乱れているのです。

たとえばWiMAXのプロバイダーのカシモを見てみると、1ヶ月目が約1400円、2ヶ月目以降は約3600円となっています。

こういった例のように最初の月だけが半分以上安くなっていることもあるので、総合的な支払合計額をあらかじめ計算しておかなければ本当にいいプロバイダーを選ぶことはできません。

もっというと、プロバイダーというのは2年や3年の契約期間があるので、その期間分の支払合計を見てみる必要があるのです。

WiMAXのプロバイダーすべてにおいて、本当の安さを追求するのであれば、2年なら2年のキャッシュバックやスマホ割りなどの割引をすべて含めた合計額を割り出す必要があるということです。

各社のプロバイダの宣伝で使っている月額料金というのは最初の月だけである場合が多いので、そこだけ見てプロバイダーを選んでいるようでは損をしてしまいます。

当サイトでもここまで解説してきたように、毎月の料金と特典割引をすべて総合計した上での実質的な月額料金を割り出さなければ本当に最安のプロバイダーを見つけることはできません。

当サイトではキャッシュバックや月額割引などのキャンペーンをすべて踏まえた上での本当の実質的な月額料金を計算しています。

以上のようなことから、当サイトでランキングにしているプロバイダーというのは、本当にお得なランキングだといえるでしょう。

キャッシュバックキャンペーンとは?

WiMAXのプロバイダーでは新規のお客様にはキャッシュバックを行っています。

キャッシュバックを実施しているプロバイダーに対する口コミの一例として、受け取り申請がめんどくさすぎて結局やらなかった…というものがありますが、これはごくごく一部の悪質な代理店だけなので安心してください。

一昔前は確かに、お客がキャッシュバック申請を忘れることを狙って、わざと面倒なステップを踏ませるところもありましたがそれは昔の話であって今はかなり健全になっています。

今の時代は契約するときにメルアドを登録しておけばキャッシュバック受け取りに必要なメールを受信できる仕組みになっています。

マイページにログインしてプロバイダーの画面からすぐにキャッシュバックキャンペーンの振り込み申請ができるなど簡単にできるようになりました。

しかも最近ではキャッシュバックキャンペーンを実施する代わりといっては何ですが、月額料金を大幅に値引きするというキャンペーンを打ち出しているところも数多く存在しています。

本来であればキャッシュバックする予定だった金額をお客様の毎月のWiMAX支払料金から割引することにより申請手続きや振り込みの確認なども一切する必要がないので、こちらの方が人気のキャンペーンになってきているのです。

とはいっても、キャッシュバックというのは大きめの現金が手に入るのでプロバイダーの宣伝としてはメリットが大きいので引き続きやっているところもたくさんあります。

月額料金割引キャンペーンよりもキャッシュバック数万円を受け取った方がいいという人もいるので、それは人それぞれの価値観によると思います。

WiMAXを契約する前にキャッシュバックの受け取り方法について解説しているのでご覧ください。

近年では、キャッシュバックの振り込まれ時期も短くなってきています。

以前のプロバイダーはキャッシュバックを実際に振り込まれるまでに半年以上使わなければいけなかったのですが、回線が開通してから2,3ヶ月後には振り込んでもらえるようになってきています。

こういう改善はユーザーも契約して時間がたっていないこともあるので、もらい忘れもなく申請がしやすいというメリットがあります。

上記のように、顧客満足度を考えてサービス性を向上させているプロバイダーも中には存在しているので、そういうプロバイダーを選べばいろいろなメリットを手に入れられるでしょう。

WiMAXのプロバイダーをランキング!

WiMAXの月額料金を比較!実質的な費用が安い順番にランキングにしているので是非ご覧ください。

以下の月額料金は、一番おすすめプランのギガ放題プランで計算してあります。

★VISION

実質月額:3,848円 基本月額:3,979円 手数料:無料 キャッシュバック:5,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB

実質月額:3,920円 基本月額:4,688円 手数料:3,300円 キャッシュバック:29,500円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB 月額割引コース

実質月額:3,893円 基本月額:3,678円 手数料:3,300円 キャッシュバック:6,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額:3,994円 基本月額:3,971円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★DTI

実質月額:4,077円 基本月額:4,136円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額:4,116円 基本月額:4,378円 手数料:3,300円 キャッシュバック:17,000円 端末料金:880円/月 契約期間:1年

★So-net

実質月額:4,542円 基本月額:4,817円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★UQ

実質月額:5,093円 基本月額:4,268円 手数料:3,300円 キャッシュバック:なし 端末料金:16,500円  契約期間:2年

WiMAXのプロバイダーを比較するときに一番何を重視するべきかというと、基本月額料金ではなくて、実質的な月額料金ですね。

プロバイダーによっては最初の月額料金と2ヶ月目以降の月額料金で料金体系を分けているところもあるので、本当に安いところを見つけるのはいろいろな切り口から検証しなければなりません。

当サイトでも解説してきたように、毎月の月額支払料金をきちっと計算した上で、各種割引やキャッシュバックをくわえて、本当の月額料金で比較しましょう。

ちなみに、1年契約よりも2年契約の方が総額は大きくなりますが、毎月の料金に換算してみると長期の2年や3年の方が安くなるので、総額が安ければいいというものでもありません。

ですが、短期間しか利用しないような人は、解約料がかからないように、自分が使う分だけの契約期間に納めておいた方がいいですね。

一番キャッシュバックや月額が優れているプロバイダ

WiMAXプロバイダー比較表を踏まえて、最新の一番お得なプロバイダーを紹介したいと思います。

第1位 VISION

VISIONは東証一部に上場しているビジョンという株式会社が運営営業している、昔からある会社です。

特徴

実質月額:3,848円 契約年数:3年間

初期費用:無料 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,条件はありますが解約金がタダになる

2,月額値引きで実質的な月額が安い

3,日割りなしで初月は無料になる

4,初月無料で事務手数料も無料!

第2位 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは毎月の月額を割引にしてくれたりキャッシュバックを手厚くしたりいろいろなキャンペーンを実施しています。

GMOとくとくBBは最新機種の端末が無料でもらえて、ギガ放題プランが業界で一番安く使えるプロバイダーとなっています。

GMOとくとくBBは20日以内であればなんの違約金などもなしで解約できるので、接続できなかったとか、回線が不安定などの不具合があればすぐに解約できるようになっています。

他にも、端末を即日発送してくれるという利用者にとっては嬉しい特徴もあります。

特徴

実質月額:3,893円 契約年数:3年間

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,月額料金割引かキャッシュバックを自分で選択できる!

2,キャッシュバック金額は約3万円

3,月額値引きはギガ放題プランで毎月2849円

4,20日以内ならキャンセルできる

5,端末の当日発送対応!

第3位 カシモ

カシモはギガ放題プランを最初の月だけ1380円という格安で使えるので、最初にかかる費用を抑えたいという人におすすめです。

カシモはキャッシュバックキャンペーンをしていませんが、ギガ放題の月額料金が安くなっています。

また他にもモバイルルーターの端末の最短即日発送もしています。

特徴

実質月額:3,994円 契約年数:3年間

月額料金:1,518円~3,971円

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,WiMAXのギガ放題プランが初月1518円で利用可能

2,初期費用が安めになっている

3,WiMAX端末を最短で発送

4,U-NEXTの見放題プランが1ヶ月無料

第4位 DTI

DTIのメリットとしては、契約開始後2ヶ月は無料で使えるところですね。

最初にかかる費用をできる限り少なくしたいという人は、とてもいいのではないでしょうか。

ですが、デメリットとして一般的なWiMAXのプランに入ると事務手数料が5000円となっていて、普通のプロバイダーが3000円なので、かなり割高になっています。

第5位 BIGLOBE

BIGLOBEはなんと1年という短期間の契約期間がもうけられているWiMAXで唯一のプロバイダーです。

現金バックも契約後にすぐ受け取りができますし、途中でやめたくなって解約したとしても違約金が1000円しか取られないのもメリットの一つです。

BIGLOBEのデメリットとしては、他のプロバイダーでは無料で貸し出している端末代が800円かかってしまうところでしょうか。

WiMAXを申し込んでから実際に契約するまで

WiMAXの契約から回線が使えるようになるまでの流れやステップはどのプロバイダー経由で契約してもほとんど変わりません。

1,WiMAXの契約したいプロバイダーのサイトで申し込みボタンを押す

2,ギガ放題プランか通常プランか契約したい方を選びましょう。

3,次の画面でWiMAXで使いたいモバイルルーターと細かいオプションを選択しましょう。

4,契約者の個人情報を入力しましょう。名前や住所など。

5,次に支払い方法を選択しましょう。クレジットカード番号など。

6,個人情報が入力し終わったら、2,3日で端末が到着してすぐ使えるようになります。

簡単に説明すると上記のようなステップを踏んでいくことになり、実に申し込んでから1週間もかからずにインターネット環境を手に入れることができます。

工事が一切いらなくて、10日もかからずにインターネット環境を手に入れられるメリットはWiMAXにしかありません。

他には、UQスポットの店舗で契約することにより、その日のうちにWiMAXを使うことだってできてしまいます。

WiMAXを家電店で申し込むともったいない

家電店でWiMAXの申し込みをするのはおすすめしません。なぜかというとあらゆる面で得しないからです。

家電量販店で申し込みをしてもキャッシュバックなどはほとんどなく、あえてそこで契約する必要もないかと思います。

大手のプロバイダーと家電量販店の実質月額料金を具体的に比較してみると差が一目瞭然だと思います。

サイト上部でも解説してきたように、どのプロバイダーでWiMAXを契約したとしても回戦の性能自体に違いはないので、できる限りやすい月額になるようなプロバイダーを選択するべきです。

家電量販店から申し込んだとしても、特有のメリットなどはほぼありません。

一昔前までは、家電量販店でWiMAXを契約すると洗濯機や冷蔵庫の割引券1万円分などがもらえていたりしました。

しかし、こういった特典はほとんどなくなってしまったので、電器屋さんで契約する必要性がほとんどありません。

なお、家電量販店のサービスはUQ本家と全く同じサービスとなっているので、月額料金はUQと同じです。

特定の店舗では一部の商品を割り引いてくれるサービスがあるようですが、それでもキャッシュバックや月額割引が大きい大手のプロバイダーが圧倒的におすすめですね。

家電量販店で対面で解説を受けながらWiMAXを契約するメリットがあるといっているサイトもありますが、正直言ってしまうと家電量販店の店員にWiMAXや光回線などに詳しい人はほとんどいません。

こういう家電量販店の店員というのは型にはまった知識やトークしかできないので、たとえばWiMAXの説明をしてもらったとしてもどこまで正解しているのかわからないのであらためて自分で客観的なデータを調べてみることも大切です。

UQの店舗でも契約するともったいないです!

UQWiMAXはネット上にしかないと思っている人もいるかと思いますが、実は実店舗が全国各地にあるのです。

もちろん、UQWiMAXの契約をすることもできるので、電器屋さんのように店員と対面で詳しい話を聞くこともできます。

ですが、UQの実店舗での契約も家電量販店と同じくあまりおすすめできるものではありません。

UQスポットの店員がいろいろWiMAXについて解説してくれるという利点はありますが、月額料金的にはほとんどメリットがありません。

そもそもの問題としてUQ自体がプロバイダーとしてあまり力を入れていないので、キャンペーンや月額割引などがほとんどないのです。

WiMAXの一番実質月額料金が安くなるプロバイダーと比較してみると3年間で3万円以上も差があるので、プロバイダーが違うという些細な違いでこれだけ雲泥の差が生まれてしまうのです。

UQ店舗のメリットもあります

UQの実店舗でWiMAXを契約したら、端末の在庫があればその日のうちにWiMAXを接続してインターネットを楽しむことができます。

モバイルルーターの端末さえあれば、どのタイミングでもネット環境が手に入るので、いち早く使うことに重きを置いている人はUQスポットで使ってみるのもいいと思います。

とはいっても、UQスポットの実店舗はキャンペーンもやってないですし、おすすめできたものではありません。

UQモバイルのスポット店舗じゃなくても、GMOとくとくBBでは端末の即日発送を実施しているので、到着まで2,3日くらいなので、スポット店舗の即日ではないにしてもかなり早く使えるようになります。

キャッシュバックの受取手順について

WiMAXのプロバイダーで実施されているキャッシュバックは基本的には自分で振り込みの申請手続をしなければなりません。

一般的にはキャッシュバックを受け取るためには継続的な回線の利用が前提条件なので、あらかじめ決められた利用期間が過ぎたタイミングで会員ページなどからキャッシュバックの振り込み申請をすることができるようになります。

プロバイダーからキャッシュバックを受け取るためには、会員ページから口座番号などを入力して振り込んでもらう形となっています。

プロバイダーの継続利用期間がすぎて、キャッシュバックの申請がとれるようになったら案内が来るのですが、それを見逃さないようにスマホのカレンダーか何かにメモしておきましょう。

WiMAXの速度制限はどういったものなのか?

WiMAXの3日で10GBの速度制限についてここからは解説していきたいと思います。

そもそもWiMAXの通信速度制限というのは、3日間で10GBを超えてしまった次の日から24時間かかるのではなくて、利用者が多くなる夕方から深夜2時までの時間帯だけとなっています。

さらに、通信制限された速度でもダウンロード速度が1Mbpsもあるので、メールやテキストベースのサイトなどは全く停滞なく見ることができますし、動画も見ることができます。

ギガ放題の3日間で10GBの10GBという容量がいったいどれほどのものか解説していきたいと思います。

動画で言うと、youtubeのスタンダードな画質で閲覧すると50時間分くらいは見える計算になります。

youtubeの5分間の動画を実に500回以上は見られる計算になります。

最近のyoutube動画は広告が関わってきて10分くらいになるものが多いと思います。

5分間の動画で500回以上視聴できるのですから、10分間の動画になると単純計算で250回くらいになり、3日間の制限なので1日あたりに換算すると80回くらいになります。

ちなみに、WiMAXの5Gのプランだと3日間で15GBの通信制限となっているので、ギガ放題プランよりも実に5GBもアップしています。

WiMAXをいずれ使ってみたいけど通信制限が気になっているという人は、エリアの中でなくても5Gで契約することにより3日間で15GBも使えるようになりますので検討してみてもいいかと思います。

実際は通信制限なしで使える!

ギガ放題プランは3日間で10GBの通信データ量の制限があると解説してきましたが、月間で換算してみると100GBくらいにしかならないと思っている人は多いのではないでしょうか。

これは一見すると月間100GBしか使えないようにも思えますが、実は何GBでも使えるのです。制限がかかるのは夜の時間帯だけなので、日中は大げさに言ってしまうと1000GBの通信だってできてしまうのです。

なので、やろうと思えば制限なく利用ができてしまって、月間で500GBでも800GBでもいくらでも通信量を増やすことができるのです。

WiMAXの制限がかかってしまったら、自宅の回線を使って回避してみたりすれば、いくらでも使い勝手が広がります。

そもそも3日で10GBなんてそんなに引っかからないと思いますし、もし引っかかったとしても1Mbpsものスピードがありますので、低画質の動画も見れますし、まとめサイトやヤフーニュースやライブドアニュースなどは余裕で見ることができます。

とはいっても、毎月のように数百ギガバイトもの通信量をおこなっていたら、WiMAXの回線元に目をつけられて特定の制限をかけられてしまうこともあるので注意しましょう。

オプションにはどういったものがあるのか?

自分自身の必要に応じて次のようなオプション加入を検討してもいいと思いますが、ある程度インターネットになれていたらいらないと思います。

とはいても、初心者用のサポートなどはつけておいて損はないと思います。

ちなみに、次の表はUQで申し込みができるようになっていますが、WiMAXのプロバイダーでも契約が可能です。

回線業者のオプションにはいろいろなものがありますが、セキュリティなどのオプションと、エンタメ系のオプションとの2つの系統があります。

回線サービスのオプションは直感で決めるのがいいと思います。あれもこれもいるかないらないかなとやっていては余計なオプションに入りすぎてしまって月額が高くなってしまいます。

auユーザーならWiMAXを安く使える!

WiMAXはそもそもとしてKDDIグループの一員なので、当然auのスマホを持っていると割引サービスが使えます。

ここで解説していくのはauスマートバリューという割引サービスになります。

ウルトラギガマックス割引というサービスは、UQモバイルのスマホとWiMAX2の同時契約により月額料金が500円やすくなります。

この割引が適用されるのはUQモバイル側のスマホになります。

さらに、auのスマホを使っている人なら加入しておきたいauスマートバリュー。

auのスマホを持っている人は永続的に月額料金が割引されるサービスとなっています。

auスマートバリューと呼ばれる割引サービスは、現在auのスマホを使っている人が、GMOとくとくBBをセットで申し込むと、毎月1000円も割引が適用されます。

最大で1000円の月額料金の割引となっていますが、現在auで契約しているプランによって違いがあります。

もしauスマホを契約しているのであれば必ず申し込みましょう。

WiMAXの解約料について

WiMAXで契約できる縛り年数というのはプロバイダーによって違って、1年契約があるところもあれば3年契約のところまでさまざまなプロバイダーがあります。

回線サービスなどはどこでもそうですが、解約料がかからない月というのは決まっていて、これを過ぎてしまうと解約料を取られてしまうので、自分がどのタイミングで解約するかをあらかじめ想定しておきましょう。

次の一覧表は、契約開始を1ヶ月目としたときに途中解約したときの解約金の一覧表になります。

1~13ヶ月目で解約 2年契約:20,900円 3年契約:20,900円

14~25ヶ月目で解約 2年契約:15,400円 3年契約:15,400円

26~37ヶ月目で解約 2年契約:10,450円 3年契約:10,450円

WiMAXを申し込むときは、自分がいつのタイミングで解約料が無料になるのかをリマインダー登録などしておきましょう。

WiMAXを解約したいときは?

各社プロバイダーによってWiMAXの解約方法は違いがありますが、ほぼすべての場合で次のようなパターンになります。

電話による解約の申し込みorマイページから解約手続き

プロバイダーの解約手続きをするときは他のプランに入りませんかという提案があります。

また他にも途中解約をするときは、途中解約の解約金がかかりますよという解説もあります。

WiMAXは最近流行りのテレワークに使えるか?

ズームやスカイプなどを使ったオンライン会議は自分の家から使っている利用者が増えてきています。

在宅勤務からの会議だけではなくカフェやネットカフェや駅に設置されている一人用の作業個室などから仕事をしている人も急増しているので、WiMAXなどの無線接続が取りざたされています。

カフェやフリースポットでWi-Fiが使えますが、ハッキングされる可能性もありますし、そのWi-Fiの脆弱性があったりします。

WiMAXなら自分だけが接続できる絶対に安心な接続システムなので、そういった観点からWiMAXを契約し始めている人も増えています。

ところで、WiMAXがテレワークに利用可能かという問題ですが、以下のような懸念材料があります。

通信速度のそもそもの安定性や速度自体や、通信制限にかからないか、などなどいろいろな懸念材料があります。

以上のようないろいろな要素がありますが、WiMAXを使ったらこれらの問題についてクリアできるかどうかについて解説していきましょう。

最近のWiMAXは基地局が猛烈な勢いで増えていますし、ほぼ全国どこでも接続できるようにカバーされていますので、娯楽的な利用方法はもちろんのこと、ビジネスも当たり前のように使えるといえます。

WiMAXは比較的に、他のネット回線と比べて、高速通信が可能で、回線速度の安定性もあります。

なので、モバイル系の通信サービスを利用するなら、WiMAXが一番おすすめです。

WiMAXの利用を検討しているときは、自分の居住エリアをカバーしているかを確認してからレンタルしてみるのも一つの手です。

スカイプなどを使って、オンライン会議をする人は通信量の制限が気になる人も多いと思います。

なんといってもWiMAXの制限は夕方からの通信制限なので、昼の時間帯のオンライン会議などは制限がかからないと思います。そもそも3日で10GBを使うことなんてほぼないでしょう。

ズーム会議などをやるときも解像度や画角などを小さくしておけば、通信量の増大を抑えることができます。

オンライン会議以外の場面でもあらゆる活用方法があります。

大学性や専門学生であれば、オンライン授業でWiMAXを使うこともできるでしょう。

オンライン配信などで塾の内容を配信している塾などは、家でも外でもWiMAXで視聴して勉強することができます。

他には、引っ越したばかりで光回線などが使えないときでもWiMAXなら、引っ越したその日からインターネットが快適に利用可能です。

WiMAXで一番使えるモバイルルーター

2020年にWX06という機種が発表されたものの、通信速度に若干の変更があっただけで、ほとんどはW06と変わりません。

モバイル端末を選ぶ時に最も重視するべきなのは下り速度なので、W06の方がいいと思います。

今一番おすすめの優秀な端末のW06の最高下り速度は1Gbpsくらいですが、これはUSB-cで接続した場合の最高速度なので、普通のUSBだったら半分の500Mbpsくらいですが、それでも圧倒的な高速だと思います。

また、W06の方が回線が安定していて速いので、早さ重視なら断然W06の方がおすすめですね。

WiMAXで一番人気で一番使えるホームルーター

WiMAXはW06みたいなどこでも持ち歩けるモバイル端末の他に、ホームルータを選択することができます。

自宅で高速のネット環境を手に入れたいけど、光回線みたいな工事が必要なのは嫌だという人におすすめです。

モバイル端末とホーム端末の大きな違いやメリットデメリットなどは何なのでしょうか。

ホームルーターは持ち歩くように設計されていないので、ACアダプタで接続して据え置きで使うようになっています。

さらに、アンテナがモバイルルーターより大きいものが付いているので接続環境が抜群によくなっています。

一般的に、モバイル端末は手元に持ち歩いて使用しますが、ホーム端末の場合は、部屋の片隅に置いておきます。

以上のようなことから、距離が離れていてもアンテナが増強されているため接続しやすくなっています。

WiMAXのホームルーターで今一番おすすめの端末はHOME02です。

回線スピードや安定性だけではなくて、デザイン性も優れているので、いろいろな視点から見たコスパ抜群だといえるでしょう。

ホームルーターかモバイルか迷っている人は多いのではないでしょうか?

それでは、上記で解説してきたモバイル端末とホーム端末のどちらがいいのでしょうか。機能性やコスパについてはどういう条件だと一番最強なのか解説していきたいと思います。

それぞれのルーターの利便性やメリットデメリットなどについて解説していきたいと思います。

モバイルルーターのメリットはなんといっても、外でもどこでも高速WiMAX通信が可能になるということですね。

一方、ホームルーターは、アンテナが搭載されているので回線が高速で安定性も高く、電源がACアダプタなので、電池の残量を気にする必要がないところです。

モバイル、ホーム、両方のメリットデメリットを簡単に説明しましたが、結論を言うとモバイルルーターの方が全体的にはおすすめです。

モバイルルーターもクレードルを使うことにより、据え置きタイプのように使えるので、2つのホームルーターを兼ね備えているという面もあります。

モバイルルーターで据え置きタイプのメリットをダブルでこなすことができるので、そういう意味でもモバイルルーターがおすすめです。

LTEネットワークを活用する

WiMAXにおいてのLTE接続は、auのLTEを使用した、ハイスピード+エリアモードとなっています。

WiMAXのアンテナが弱くて、auのネットワークが使える仕組みとなっています。

土台として、WiMAXの電波とスマホの電波の接続技術などは違うのですが、auのLTEならWiMAXとつながりやすいという点があります。

auのLTEは800Mhzの電波が使われているので、地方なども含めて回線がつながりやすくて安定しやすいネットワークとなっています。

WiMAXが3年契約であれば、すべてのプロバイダーで毎月1000円が無料で使うことができます。

月間で7GBのデータ量の制限がありますが、WiMAXで接続しにくい田舎などでは積極的に使いたいですね。

ですが、注意点としてLTEの7GBの通信量制限にかかった場合は、WiMAXの通信制限もかかるので注意が必要です。

WiMAXの実際の回線速度について

WiMAXをこれから使おうと思っている人は、WiMAXがどれくらいのリアルなスピードがでるかを気にしている人は多いのではないでしょうか。

サイト上ではいろいろなデータを公開していますが、いざ自分が使ったときのリアルな数値がしりたいですよね。

まずそもそも、WiMAXの理論値ですが、だいたい以下のようになっています。

上の表は理論値となっていますが、実測値としては私のWiMAX環境でほぼ安定的に50Mbpsは出ています。

そもそもとして、WiMAXの回線速度はいろいろなファクターに影響されます。代表的なものでいうと、時間帯、地域、端末などがあります。

とはいっても、WiMAXは利用者が桁違いに多いので、基地局もどんどん増えてきて、回線速度はもちろんのこと安定性も右肩上がりで伸び続けています。

WiMAXと光回線どちらがお得?

以下には固定回線とWiMAXの違いを解説しています。

★WiMAX

通信速度:下り速度440Mbps~1.2Gbps 利用場所:宅内、屋外 工事:不要

月額料金:約3,500円~4,600円前後 利用開始まで:最短当日~1週間程度

速度制限:3日間で10GBまたは月間7GB

★光回線

通信速度:下り速度1Gbps~2Gbps 利用場所:宅内のみ 工事:必要

月額料金:約2,000円~5,000円前後 利用開始まで:数週間~1ヶ月以上

速度制限:制限無し

光回線などの固定回線とWiMAXはポイントは全然違いますが、ネットに高速接続するという観点に関しては同じですよね。

自分が構築したいネット環境の理想に合わせた回線を選ぶのが一番だといえるでしょう。

WiMAXは世界で標準化された通信技術である

WiMAXは世界の通信規格にもなっている技術で標準化されています。

WiMAXは無線でのブロードバンドを提供するために規格かされたものです。

そもそもとしてWiMAXは基地局からのラストワンマイルと呼ばれる地域への無線での提供を考えたものだったのです。

WiMAXは日本にしかないサービスだと思っている人も多いかと思いますが、一昔前までは日本以外の国でも使うことができました。

もともとは世界のフォーラムで発表しているようなこともありましたが、次第に日本の独自技術として発展を遂げてきました。

ちなみに、日本以外の国で使うにはWiMAXの機能が搭載されたノートパソコンなどでしか使うことができません。

WiMAXは競合とどう違うのか?

WiMAXと似たようなサービスのワイモバイルとクラウドWi-Fiについて解説しています。

ここでチェックしておきたいのは回線スピードと制限になります。

WiMAXとワイモバイルはほとんど同じようなサービス内容となっていて、クラウドWi-Fiは使う人を選びます。

WiMAXやワイモバイルは積極的に映画やゲームやYoutubeなどを楽しめるサービス内容となっています。

一方で、クラウドWi-Fiは通信速度が遅いので、簡単な使い方をしたい人向けとなっています。

フールーやネットフリックスやハイビジョンのゲームなどをする人は、クラウドWi-Fiは不向きだといえます。

また他にも、クラウドWi-Fiはサービスを開始したばかりですし、安いサービスなので、回線が不安定になりやすく接続できなくなったりする障害も発生しやすいです。

スマホでデザリングするかWiMAXを使うか?

WiMAXを購入しなくても、スマホのデザリングを使えばいいんじゃないかと思っている人も多いと思います。

そもそも論として、デザリングではなくてWiMAXをわざわざ契約するメリットはどこにあるのでしょうか。細かく解説していきたいと思います。

デザリングというのはそもそも携帯電話を介して、携帯会社のネットワークからインターネット環境を手に入れる方法となっています。

ノートパソコンなどをスマホを経由してネットに接続することによってインターネット環境を手に入れられます。

デザリングオプションに入ることにより、スマホだけではなくて、スマホに経由したノートパソコンや端末などもすべてネットに接続できるようになります。

WiMAXでネットに接続するのと、デザリングでネットに接続するのはほぼ同じだとお考えていいと思います。

WiMAXの方がデザリングよりおすすめ

デザリング経由でインターネットに接続するよりもWiMAXでの方が断然おすすめになります。

ポイント1 携帯会社のデザリングは制限あり。WiMAXは使い放題で使える。

ポイント2 スマホはバッテリーなどの観点から使い勝手が悪い。

ポイント3 デザリングをすると費用がかさんでしまうことがある。

上記のようなことからタブレットやパソコンやプレステなどを接続するときはWiMAXが圧倒的に有利になります。

通信量を制限したいときは、スマホ自体をWiMAXで接続するという手もあります。

そもそもデザリングはスマホのおまけのような機能なので、どうしても必要という緊急時のみの使用方法にした方がいいでしょう。

WiMAXでも5G接続ができるようになりました

2021年からWiMAX+5Gのサービスが提供され始めました。UQからサービスが開始されてだんだんプロバイダーが拡大していっています。

WiMAXの端末は5G専門でサムスンのモバイル端末と、ZTEのホーム端末の2つの端末があり、ダウンロード速度2.7Gbpsという速度が出ます。

+5Gのこのスピードは、現行の2+の倍以上のスピードになっています。

WiMAX+5Gの通信量制限も3日間で15GBとなっていて、一般的なプランの3日で10GBよりも5GBも増えています。

WiMAX+5Gのプランはどれくらいの金額なのか

WiMAX+5Gの料金プランはUQにおいて最初のキャンペーンを利用すると、2年契約で毎月約4300円で利用できるようになっています。

WiMAX+5Gで進化しているのにもかかわらずWiMAX2とほとんど同じような値段で使えるのが出始めたばかりのメリットだといえるでしょう。

ちなみに、一般的なプランは用意されていないので、ギガ放題プラスというWiMAX2のギガ放題のバージョンアップが用意されています。

WiMAX+5Gの端末は活用できる?

WiMAX+5Gでは、5G専用の端末が提供されています。

現在はモバイル端末のサムスン製のSCR01というものと、ZTE制のホーム据え置きタイプのものがあります。

WiMAX+5Gはサービスインして間もないので、専用端末が少ない現状となっていますが、続々と増えていくと思います。

サムスン製の端末については重さやサイズ感は現在のWiMAX2とそんなに大差ありません。

デメリットはUQの場合はプロバイダーに端末料金を一括か分割で支払う必要があり、現行のWiMAX2の端末代金よりも高めに設定されています。

5Gは3日で15GBに設定されている

WiMAXでは制限として月間の制限はありませんが、5Gのプランではあるのでしょうか。

WiMAX+5Gでは現在と同じく、3日での制限はありますが、月単位での制限はありません。

WiMAX+5Gは3日間での制限が15GBとなっています。

またさらに、LTEとしての月間制限が7GBとなっていましたが、WiMAX+5Gは15GBとなって、8GBも増量されています。

制限適用についてですが、3日間で15GBを超えた場合は夕方6時から制限がかかります。

日中の時間帯に制限はかからないので、オンライン会議などの用途には使いやすいと思います。

実際のところ5Gの通信速度はどれくらいなのか?

WiMAX+5Gのダウンロード理論値は、最大で2.7Gbpsとなっていますが、WiMAX2より相当早いスピードです。

WiMAX2のモバイル端末でUSB-Cで接続すると、最大値で1.2Gbpsの速度が出せます。

通常の接続方法でモバイル端末を接続すると約800Mbpsくらい、WX06だと約450Mbpsくらいになるので、5Gの速度がいかに早いかがわかります。

WiMAX+5Gと通常のWiMAXを比較

WiMAX+5Gと現行のWiMAX2ではどこがどう違うのでしょうか。

一番のメリットとしては、WiMAX+5Gの場合は5Gの通信網が使えるようになったところと、3日間で15GBの制限値になったところではないでしょうか。

WiMAX2の理論値は1Gbpsくらいですが、5Gの理論値は2Gbps以上あります。

料金プランはUQではほぼ同じ価格となっていますが、モバイルルーターの料金が5千円くらいアップしているので、実際はその料金分だけ高くなるという計算になります。

5Gバージョンの月額料金も比較してみました!

WiMAXの本家本元のUQ以外のプロバイダーがどれくらい+5Gを提供しているのかというと、まだまだというところですね。

WiMAX+5Gを提供しているプロバイダー各社の表をまとめましたのでご覧ください。

UQと同じような料金プランで提供しているところに、ビックカメラやエディオンやヨドバシカメラなどがあります。

次の一覧表は、WiMAX+5Gの割引などを使ったあとの料金を示しており、契約年数から総額料金を割った「実質的な月額料金」を示しています。

★GMOとくとくBB

実質月額費用:4,668円 基本月額料金:4,631円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額費用:4,834円 基本月額料金:4,500円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★Broad

実質月額費用:4,899円 基本月額料金:4,763円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額費用:5,645円 基本月額料金:4,378円 事務手数料:3,300円 端末代:21,912円 契約期間:1年

+5Gで一番得して月額料金が安いプロバイダーとは

WiMAX+5Gを提供しているプロバイダーはまだまだ少ない方ですが、次のようなプロバイダーがあります。

第1位 VISION WiMAX+5G

VISIONのWiMAX+5Gは初期手数料がかからないのが大きな特徴ですね。

特徴

特徴1,3年間での実質月額3,848円

特徴2,契約初月の日割り料金が無料!

特徴3,解約金&違約金が条件ありで無料

特徴4,初期費用無料

特徴5,モバイルルーター端末無料

第2位 カシモ WiMAX+5G

いろいろな面においてカシモは優秀だといえます。

ちなみに家電量販店でも5Gを利用できますが、端末料金が高くなってしまいます。

特徴

特徴1,実質月額4,000円

特徴2,月額割引キャンペーンあり

特徴3,初期費用3,300円

特徴4,端末料金無料

WiMAXはトライWiMAXというお試しサービスがある

トライWiMAXは賄MAXを本契約する前に、約2週間くらい無料でレンタルできるお試しサービスになります。

WiMAXはUQだけではなくいろいろなプロバイダーでも2年か3年の契約年数が普通になっています。

以上のようなことから、一度契約してしまうと解約期間に達しないまま解約してしまうと料金がかかってしまいます。

必ず全国どこでもカバーしているわけではないので、住居の形態などにもよっていろいろな要因でつながりにくかったりもするので、試してみるのもおすすめです。

次のような条件の人はトライWiMAXがおすすめです。

1,近くに高層マンションが建っているから本当につながるか不安な人

2,理論値でいわれているような回線の安定性があるかどうかを試したい人

3,パソコンだけじゃなくて、プレステやタブレットなどに接続可能かどうかチェックしたい人

なお、GMOとくとくBBでもトライWiMAXがあります。

GMOとくとくBBは20日以内なら解約できるので、回線が安定しなかったとか高速通信ができなかったという人は返品してもいいのです。

GMOとくとくBBなら満足な通信が確保できたのであれば、そのまま契約し続けてもいいですし、約3週間もあるので十分にお試しする時間があります。

法人での契約はできる?

WiMAXを契約するときには個人と法人でいくつかのパターンがあります。

一つ目の違いは契約方法が違います。2つめは契約にかかるキャンペーンの内容、3つめは支払い方法です。

まず最初に契約の流れは、ほぼすべてのプロバイダーで次のような流れで契約が進みます。見積もりからの契約です。

ほとんどのパターンとして、1代の契約ではなくてたくさんの契約台数なので、見積もりの依頼を一番最初に行うのが個人との違いですね。

さらには、個人と法人では窓口が違うので、法人向けの窓口から見積もり依頼を出すことになります。

見積もりが終わって本契約が完了したら支払をしてすべての作業が終わります。

法人契約で月額割引キャンペーンが用意されている

法人契約のキャンペーンはWiMAXのプロバイダーによって違いがあります。

GMOとくとくBBは、法人向けのキャッシュバックは用意されていません。

代わりといっては何ですが、法人の場合は月額割引が用意されているので、かなり安く大量に契約することができます。

なぜ法人契約でキャッシュバックがないのかというと、台数が多いので複雑になりすぎてしまうからなんです。

次に支払い方法の違いですが、GMOとくとくBBの場合を例に取ってみると、個人契約をするときはクレジットカード払いだけとなっています。

法人での支払い方法は、口座振替や請求書払いなどの支払い方法から選ぶことができます。

WiMAXのおさらい

当サイトではWiMAXについてここまで、端末の善し悪しから、光回線などの固定回線とのスピードの比較、細かい機能などについて多角的に検証してきました。

当サイトをここまで見ていただいて、WiMAXのコンセプトや、どういうときに一番利便性がよくなるのか、などなど理解していただけたのではないでしょうか。

最後に総まとめとして、当サイトで一番おすすめのプロバイダーを紹介しておきます。

すべてを踏まえて最高峰のプロバイダは「VISION」

一番コスパが最強で得するプロバイダーはダントツで「VISION」です!

VISIONをおすすめするポイントは以下になります。

1,各種割引を使って実質的な月額が最安!

2,モバイルルーターが最速で届くからすぐ高速インターネット通信ができる

3,最先端の端末が最安か無料で利用できる!

4,他者からの乗り換え時がお得に使える

特徴

ポイント1 3年契約の場合は実質月額が3800円

ポイント2 端末が届いた月の端数が無料

ポイント3 解約金が無料!

[487行目]

[488行目]